■ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

■ アーカイブ

■ カテゴリ
■ 最新記事

■ コメント
  • 【住宅ローン】妻ひとりの住宅ローン、気になるポイント
    neko (09/24)
  • 【不動産】家を買うことを思い立ってから引っ越しまでの時系列データ
    mina (08/29)
  • 【住宅ローン】親にどう言う?妻名義の住宅ローン
    imomotam (07/30)
  • 【夫のギャンブル】自分の気持ちに嘘はつけない。あなたのことが好きなんです。
    nekura (03/24)
  • 【夫のギャンブル】自分の気持ちに嘘はつけない。あなたのことが好きなんです。
    nekura (03/24)
  • 【夫のギャンブル】自分の気持ちに嘘はつけない。あなたのことが好きなんです。
    nekura (03/24)
  • 【夫のギャンブル】自分の気持ちに嘘はつけない。あなたのことが好きなんです。
    うーたん (03/21)
  • 【夫のギャンブル】自分の気持ちに嘘はつけない。あなたのことが好きなんです。
    通りすがり (03/20)
  • 【夫のギャンブル】自分の気持ちに嘘はつけない。あなたのことが好きなんです。
    ひまわり (03/20)
  • 【住宅ローン】妻ひとりの住宅ローン、気になるポイント
    nekura (03/17)

■ 愛の応援ポチお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
向き合うことにしました

にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
こっちにも参加中

nekuraのシストレ&いろいろ帳簿


借金まみれの夫に代わって単独35年ローンで男らしく家を買い、そして心折れそうになりながらも夫の借金に正面から立ち向かう日々を綴ります。(相場はしばしお休み中)

折れそうな心はランキングで癒します。
左のバーからポチッと一発、応援よろしくお願いします。
【シストレ】退場寸前のnekuraがシストレ資金をどうやって手に入れた?
裁量トレードで資金を溶かし、さらにはイザナミストラテジーも手に入れたnekuraが一体どのようにしてシストレの資金源を用意したか。

それはズバリ、コレ。




もちろん保険の無料相談で資金を得たわけではなく(当然)

正しくは、保険相談を申し込んで今のnekuraの収入と今後のライフスタイルにあわせた保険をプロの目から選んでもらい、その選択肢の中で「これなら支払っていけるかも」「この保障なら何事かあったときも大丈夫かも」と思えたものに加入しなおした、いわゆる「保険の見直し」による副産物。
ちょうど結婚というライフイベントがあったこと、それから今まで加入していた保険が親の選んだものでかなり手厚く、貯蓄性のあるものだったということから、月々の掛け金を少し落としたいと思っていたところだったのだ。

もひとつ、親のかけてくれていた国内大手保険会社のものとは別に、10年前よく利用していた郵便局の窓口の女の子と仲良くなり、その子に「かんぽはどうですか?」と言われてホイホイ加入したものw
これも今になってよくよく補償内容を調べてみたら掛け金の割に大した内容ではなかったため(そのかわり満期金があった)これも見直したいなと思っていた。

当時かけていた保険

第一生命  ¥7,211
かんぽ   ¥4,800

最初に保険相談を申し込んだのは4月。
そのころはまだご主人様がのんべんだらりとバイト生活だったため結婚ほんとにすんのかと心身ともに疲弊しきっていた時期だったので実際に契約するところまで至らなかった。

ただこの無料相談のいいところは、加入が必須ではないということ。

そして6月、ご主人様の就職がようやく決まって無事に入籍を済ませたあと、さて本気で保険も見直すか!とFPさんに連絡して再度相談。
そうして6月末に契約した新しい保険の契約成立を無事に確認ができたところで、かんぽを解約。
(※がん保険は免責期間が90日間ありすぐには責任開始とならないため、責任開始日まで第一生命のがん保険のみ残しているが責任開始日以降に解約の予定)

そして7月上旬、かんぽの解約返戻金が振り込まれたのだ。

その額、¥472,000


でかい・・・

そしてこれは今までの10年nekuraがほぼ無意識でコツコツ貯めてきた正真正銘の余裕資金。
本来、20年満期なのであと10年かけていれば100万円戻ることになっていたのだが、10年を待たずしての解約でこれだけ戻ってくるのであればまぁいいとこだろう。
一度、派遣のまま関東に転勤してきたばかりのころ生活費がキュウキュウになり解約を考えたことがあって問い合わせをしてみたら、返戻金はたったの10万ちょっとにしかならなず、それまで支払ってきた掛け金にまったく見合わない率と聞いたので解約をあきらめたことがあった。あのとき頑張ってよかった…

ちなみに第一生命は9月末に解約するけど、その返戻金は親に帰す予定。なぜならば数年前までのほとんどの契約期間、保険料を支払ってくれたのは親だから。
その保険を解約した返戻金をnekuraがくすねるのはおかしな話なので、これは返す。絶対に。(自信がないのか?w)

話が逸れたが、こうしてnekuraはまとまった額の現金を手に入れた。
そしてわずかに残っていた塩漬け処分の残骸もあわせて、シストレの種銭として今に至る。


まぁnekuraの場合は10年支払い続けていたものがあったからこその返戻金だが、いまかけているものがない人でもこの無料相談はおすすめ。

このサービス最近すごく増えてるみたい。
nekuraが申し込んだときにはこんな女性専用の相談窓口なんてなかった気がする。




やっぱり最初電話がかかってきて既往歴がないかときかれるとき、生理痛がひどいとか、切迫早産のときに入院の保障つくのかとか、ちょっと男の人には聞きずらかった。
女性専用のサイトをそのとき知ってたらこっちにしたのにな〜
(※さすがに面談は女の人にしてくださいとこちらから頼んだけど)


今nekuraはたまたま首都圏生活だからこういうの選びたい放題だけど、見てたら色々地域が限定されるらしい。
これなんかは離島とか以外はできるみたいだから首都圏以外の人はこっちのがいいのかも。
これももちろん、加入が必須ではなく相談だけでもOK。



もちろん女性だけでなく、男性も。

うちのご主人様もご両親が加入してくれていた県民共済だけだったので、このサービスでアフラックとオリックスのがん保険に加入した。

特にご主人様の場合、2年前に1か月入院する病気をやってるので(あのときは大変だった…遠い目)そういうものがあっても加入しやすい保険会社とか、加入しやすくても実際請求できないケースがあるとか、不担保になりやすいとか、そういう保険会社の特徴は素人にはわからないので、保険相談でアドバイスをもらったことの意味たるや相当なものだった。

おかげさまで、部位不担保(病気した臓器に関する新たな病気には払わねーよという条件)にはならずに無事、医療保険にもがん保険も契約成立。
ご両親もがん経験済みなのにがん保険入ってないとかどんだけ無防備なの…
あとこれは別の話だけど、借金返済にあまり一生懸命でないご主人様に万が一のことがあった場合nekuraに負債がまわってくると思うとゾッとするので、きちんと死亡保障もつけておきたかった。
なんで本人に死なれてまで私が払わないとなんねーのよ 知らんがな。
そういう鬼嫁の黒い思惑をご主人様が知るか知らないかはおいといて。

あとはお小遣いサイトでコツコツ、コツコツ小銭稼ぎ中。



シストレに入れる資金は今のとこ増やさずにいきたい。

今の資金を大事に大事に、来週からもガンバロー!





※リンクはアフィリです、ご了承ください。m(_ _)m
ただnekura自身が本当に役に立ったと思っているサービスなので、もしこの記事で興味持ってくださったなら嬉しいなと思う所存でございます。
| システムトレード 思うこと | 14:19 | comments(0) | - |










  


■ スポンサードリンク



■ プロフィール

■ シストレツール
お世話になってます、イザナミ。
PCオンチでもきっと何とかなります。
トレジスタオンラインチームはどんな
初歩的でハズカシイ質問でも
神な速度で回答してくれます。

株システムトレードのトレジスタ・ストラテジーオンライン

より専門的な話は↓リンクより、
先人たちのブログをどうぞ!

■ いろいろお世話になってます

■ ひみつのご連絡はここから


■ その他